学資保険のメリット、デメリット

学資保険は子供の成長に合わせて教育資金を準備するためのものです。子供が私立の大学に進学するとなると入学金だけでも相当なお金の用意しなければなりません。なので子供が進学するときに慌てないように少しずつ教育資金を積み立てていくという感じです。学資保険の一番のメリットは親の身に何かあった場合、それ以降の保険料が免除されるということです。この保険に入っておけば、子供は両親に万一のことがあっても満期の保険金だけは受け取れます。デメリットとしては、中途解約や満期になった時受け取る保険金が払い込み保険料を下回る、いわゆる元本割れが生じる可能性もあるということです。学資保険にもいろんなタイプの保険がありますが、保障を重視した保険の場合は、万一のことが何もない時は元本割れとなって損してしまうということも有りえます。どの保険もそうですが、メリット、デメリットは確実に存在します。

学資保険の解約返戻金とは

学資保険以外にもあるのですが、もし何かの事情で、保険を解約する事になる場合もありますよね。その場合ですと、解約返戻金と言うのが発生するのです。つまり一定のお金が戻って来るのでとても、都合が良いのではないでしょうか。何かしらの事情で、保険金を支払って行く事が難しくなったという方もおられるかもしれません。そういった場合には解約という事も出来るのです。そして、損をしてしまう場合もあるのですけれども、けして、その費用は大きな物では無いので安心する事が出来るのではないでしょうか。勿論、この返って来るお金は、保険会社によって、違うので、加入する時にきちんと確認しておく事が重要なのではないでしょうか。そして、勘違いしてはいけない事として、全ての保険料が返金される訳では無いので、そこは注意をしなければならないでしょう。

学資保険と安心について

学資保険は、安心と貯蓄を兼ねた優れた保険だと思います。子育て中に、親にもしものことがあった場合、一時的に安心を与えてくれるからです。長女の時代には、利息も高かったので、一括で支払いました。満期の時まで、元気で過ごせましたし、利息も良かったので、続いて次女の時も同じように一括で支払いました。安心と貯蓄を買うことができました。3人めも入りました。親になって、子供のためにお金を貯めるということがいかに大切で、いかに責任のあることかがわかりました。親の成長のためのものでもあるように感じました。二人の子供は、社会に出ました。毎月数万円を貯蓄するだけでも大変だと、実感しているようです。所帯を持つと、お金の大切さがまずますわかってくることでしょう。我が子のために、学資保険の必要性も必ずわかる時が来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あなたは何派ですか?