子供たちの学資保険会社がそれぞれ違う

保険関係はどこの会社が一番自分にあっているのかを考えて、色々と調べたり話を聞いてから加入を検討します。学資保険も同じです。我が家には子供が二人おりますが、加入しているところは違います。また、掛け金も違います。掛け金は、上の子は1歳を過ぎたあたりから加入し、下の子は1歳を迎える前に加入したので少し安めになっています。また、満期となったときの受け取り金額にもよります。我が家はどちらかの受け取り金額が少なかったように思います。その為、学資保険で補えない分は多少は貯金をしておく必要があると思います。また、受け取りの時期も高校進学時なのか、大学進学時なのかもどちらにしようか悩んだ結果、高校進学時にした記憶があります。今、こうして振り返ってみるともう一度その内容を確認しておく必要があると思ったので、今すぐにでも確認しようと思います。

学資保険に加入して子どもの教育費の準備をする

学資保険は、子どもの将来の教育費を用意するために加入する保険です。子ども一人にかかる教育費は大学まで進学した場合、最低でも一千万円はかかると言われています。そんな教育費を子どもが幼いころから準備するための保険が学資保険です。貯蓄などとの違いは、保険料を支払っている保護者などに万一のことがあっても保障が持続するという点があります。将来に備えるならば、このような保障がある方が安心できます。また、子どもが進学をし、学校に入学する時期に合わせてお金を受け取ることができます。保険料は保障内容や受け取れる金額などによって異なりますが、子どもが幼いころから加入した方が保険料は安くなります。学資保険には保障に重点を置くものと貯蓄性の高いものの二種類がありますので、特徴を比べてそれぞれの家庭に適した方を選ぶことが大切です。

子供の将来に備えての学資保険

子供が生まれると、子供の将来に備えて加入しておきたいのが、学資保険です。母から聞いたはなしですが、昔は郵便局の保険に入っておけば間違いない。といわれていたくらい、郵便局が有名だったみたいです現在では、昔に比べ、選ぶ選択肢が多く、悩むことも多いと思います。我が家には、男の子が2人いますが、それぞれの将来に備えて、それぞれ学資保険に加入しています。一人目の子が生まれた時は、どこに加入しようか、とても悩みました。数社、資料請求をして検討したり、先輩ママさんたちの情報を参考にしたりしました。最終的に、気になった会社に問い合わせをし、営業の方とお話をして加入決定しました。一人目で悩んだ分、2人目については、あっさりと上の子と同じ保険に加入。将来、子供たちがどのような方向に進むのかはわかりませんが、備えあれば憂いなし。資金的に安心が得られます。子供の数だけ加入しておいたほうがいいでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*